2015/03/20

Master classe Chien-kwan Lin


彼のマスタークラスがありました!
アメリカのイーストマン音楽大学の先生で、ヴァイオリニストでもあり、主にボストン、ニューヨーク、台湾やパリと国際的なサクソフォニストです。

レッスンでは、バッハのチェロ組曲のプレリュード2番を見ていただきました。
この2番。。ずっーっとテンションがどんどん最後に向かって続いていて、内に秘めたアツさみたいものがあって体力的にもキツイのですが、苦しくて、つばの音がしても混じっても続けないといけないみたいな?

このレッスンでは、まず弦楽器の奏法を凄く分かりやすく

歌ってくれました。笑

歌上手。笑

論理的に教えるタイプではなく、歌って歌って吹いてオーイェア!!みたいな感じでした。なんかすいません。全然レポートになってない笑

でもこういうレッスンかなり久しぶりで、褒めて盛り上げて行ってくれるタイプの先生は自分に自信がつくし、気持ちがいいですよね。
マスタークラスだし時間があまりないからっていうパターンもあるかもしれませんが、すごく気持ちのいい楽しいレッスンになりました。

セルマーのコンサートは行けなかったけど、又次回パリに来る時は足を運ぼうと思います☻

セルマーといえば、来週の木曜の夜、友人のウッドがドイツ音楽を中心としたコンサートをするそうです☻
パリの皆様是非聴きに行って下さい^_^
頑張り屋の音楽マニアなちょっと頭おかしいけどすごくいい子で激ウマです(>_<)。。

2015/03/19

オペラ Le Lapin et Le Coyote



再来週の土日にオペラのコンサートがベルサイユであります^_^
コンテンポラリーなのですが、子供向けのコンサート?らしく。ほんとかよ。。
やっぱりお金持ちのベルサイユ。
郊外ってよくフランス語でパリじゃなくてバンリュー(郊外)ねっていうけど、ベルサイユの子にバンリューでしょっていったら、ベルサイユ!っていわれたことあるからな笑。
バンリューっていうの禁止です。

さすが金持ちの街、スポンサーとか多くて、コンタクトとる人もかなり仕事できる。まぁ普通なんだろうけど、フランスに住んでいると、すごいひどい扱いを演奏家にする事ってあるみたいで。。

でも、、
今日楽譜もらったorz滝汗。
初合わせが今週の日曜、気合い!!
指揮は友達のシルヴァンくんがふります(>_<)楽しみだな!!

興味ある方是非聴きに来てくださいな❤️

2015/03/05

無性になにかを作りたくなる

そんなことありませんか?笑

前回フェイスブックでかいたのが、
スパイスから作るカレーが無性に作りたくなったんです。
多分サクソフォン奏者のぞみさんの投稿から私も作りたいって思ったのかな!!

で友達がレシピ色々コメントしてくれてそのレシピをアレンジして作ってみました。。
美味!!!スパイス狂にはたまりませぬ!!!
辛いものとか酸っぱいもの狂で、学校の食堂でデザート以外全部レモンかける病です。(友人 本堂くんがよく知ってる。もう最近なにもツッこんでくれません。)

多分誰でも作れると思います。のぞみさんのいうとおり魔女みたいにソース系どばどば、スパイスどばどば。
あとコーヒーいれたらコクが出る。これすごかった!!

で、昨日は無性にチーズケーキが作りたくなって作ったのです。
お菓子作るときにいつも思うんですがバター、砂糖、死にそうなくらい入ってますよね。。あー死にそう。
なんとなくそれっぽいものが作れました。お菓子作り苦手。だってmlとかcl?とかわかんないから。。←アホ

おすそわけして友人に食べてもらいました⭐️

ほんとくそどうでもいい話すいません!!
電車暇ー。

フォンテーヌブロー音楽院のレッスン

去年の9月から講師をやらせてもらってるエコールドミュージックは毎週木曜日の午後にフォンテーヌブローまで1時間ほどかかるところまで毎週行ってます。

今日もレッスンでしたー。
生徒の試験が四月の頭にあるので本腰入れて教えてますが、本当に一つ一つの音を丁寧に仕上げていくのに時間がかけてしまって音楽的なことがおろそかになってしまいましたorz

でもここ何ヶ月とかで発見が。
歌ってみてっていうとめっちゃ音楽的になる。その子の良さがあって自然で、じゃ次同じように歌ってる感覚でサックスで吹いてみっていうと問題点の半分くらいが改善される。
残りの問題点がテクニック。運指、タンギング。息の流れとかは歌の流れで掴めるようです。

ちゃんと音程つけて歌える子の方が効果はあります。
歌うの嫌いな子と嫌いじゃないけど歌えない子は頭でまずよく理解したがります。
でも私の生徒はこんな感じでまた他の子になったら別の問題があるかもですが。。。

そんな感じでおっきい子たちは大丈夫なのだが、今小さい子二人男の子と女の子。。どっちも10,12才。

集中力が無いわけじゃないと思うけど、やっぱり面白くないこととか、やりたくないことって本当に顔とか態度に出してて、拗ねたりふざけ出したりします。
その度に怒るというか、集中しよう!とか時には真剣に怒ったりしたり。。
でも真剣さが伝わってないのか、楽しくないみたいで。。

クリスチャンが言ってたらしいのが、子供教えるのには、とにかく楽しい曲をたくさん聴かせて吹かせる。

ってなこといってたみたいなんで、実践しようと思います。ヘコむ。orz


生徒に練習させてる曲がその生徒よりも少し高めのレベルの曲を選んだので、最近上手くなってきて嬉しい。
最初ほんとどうなるかと思ったけど。。。
最初みんな普通の習い事みたいに練習してこずレッスン来るし、サッカーとかスポーツじゃないんだよ!?って。
耳タコ攻撃で少しは練習してきてるみたいです。笑

自分にもいいきかせよっ。←
最近練習楽しいけど、歯が痛くて痛くて。。痛み止め飲みながら練習笑。
親知らずかな。。
あと喉もすぐ痛くなる。。
扁桃腺もちで、でっかいコブみたいなやつ喉にあって、その手術ってどんなかんじなんだろ(>_<)

痛いの嫌だな。。

といってここ三年親知らず抜けられません。はぁ。。



2015/02/24

Centre Pompidou

パリの中心、イルカムの近くにあるcentre Pompidou の大広場にこんな面白い楽器を売っている怪しいおじさんがいました。。

最初クラリネットかな?サックスかな?と耳を傾けていたら、、バンブーのサックスでした!(>_<)
めっちゃいい音でした☻

なんかの動画で人参クラリネットの演奏きいたけど人参もいい音なのです。。

いい音ってなんなのでしょうか。
聴いていて心地いいとか、人によっては渋い音が好きだとか、キンキンしたメタリックな音が好きだとかあると思います。

私にとっていい音とはなんなんだろうと考えるキッカケになりました!!

私はやっぱり人の声みたいで、優しい温かい音が好き。サックスって人の声に似てると思うんです。。

言葉ひとつひとつ歌いあげる歌の人にはいつも勝てないな。。と思います。
でも言葉で表現できないようなことを伝えられるのは吹奏楽器の強みだと思います。
今はたくさんリードやリガチャー、マウスピースも変化していっていますが、それは自分に合ったものを探すというよりかは、今の私にとってはちょっとした変化を楽しんで発見することに近いかなと思います。
昔は吹きやすいから、これにしよう!
って決めてたんですが。。
少し難はあっても自分にないものが少しでもあれば、収穫できるものもあるということかなと。

人参クラリネットから脱線しましたが、いつになっても楽器を愛する人達が楽器を作り続けているおかげで面白いものが見れたりきけたり。。楽しいなぁ。

ちなみにこれは20ユーロでした。
友達にマイちんこれすぐ潰しそうだねー!!て言われたので買うのやめた。笑

次見たら買ってしまいそう。。

2015/02/11

あけましておめでとうございます。

お久しぶりです!!!もうすぐヴァカンスということで、久しぶりにブログを書こうとおもいたち、というか、友達にブログの更新を指摘され思い出した。そうだ私ブログやってた・・・。

はい。

じゃ、ざっと。このブログはほんとーーーに未来の自分に少しでも初心にかえられるように残しておく為と、他の誰かの音楽ついてや、ヒントになるようなことをつぶやけたらなと思っておりますー。とか言ってまたさぼったらごめんなさい。

9月からざっと。。。
アドルフ・サックスコンクールのための準備にかかる←遅い。
というか夏前からパリ音生は少しずつ譜読みをしてましたが、本腰入れるのはみんな夏休みの後でしたね。中にはディナンのプログラムでリサイタルした子もいて、さすがでした。
サックスクラスでも毎週おさらい会があり、仲間やピアニスト、先生がきいている中、333の教室(サックスクラスの響かない狭い部屋)で酷な9月。
課題のbachの難しさ。。。

同じ時期にフォンテーヌブローでサックスの先生の募集があり(l'ecole de musique)、そこの方と面接をして、トントン拍子に就職?して、週1ですが、先生デビューしました。笑

生徒は4人いて、10歳の子と、20歳前後の子は2人、30代の女性ひとりとみんなレベルがバラバラで、教えるのもみんなのレベルに合わせて説明するから、てんやわんや。
最初は不安でたまりませんでしたが、今やビシバシスパルタです。嘘です。

またそれとは別にプライベートでも2人生徒がいて、教える仕事も慣れるかなーと思っていましたが、教えるのって難しい。いい指導者ってどれだけ先読みしてその人の持ってる数々の問題を一つのフレーズで解決できちゃうような。あとどれだけはっきりダメなところをいってあげられるか。
1,2年前はフランスで教える仕事なんてって思ってもみなかったけど、やってくる時はきますね。
ここ2年くらい自分に必要な試練や、葛藤が多く、その時には辛くても後でよかったと思えることが多く、暗闇からの光みたいなものが波のように繰り返されていました。
もう今や辛いことがあったとしても、スッと身体の中に入ってきて浄化するのを待つような。歳を少しとったということなのでしょうか。

おっと話がとんだ!
10月。
コンクーーーールです。
なにはともあれピアニスト松岡優さまと奮闘しました〜
ディナンまで1時間弱かかるナミュールという街で素敵な家族に迎えられ、自分たちのできる事を精一杯やってきました。
世界は広いと感じました。いろんなサクソフォニストがいて、そしてやはりフレンチスタイルの音楽が基準となっているのかなとも思いました。。
コンクールというのは自分でもよくわかっておらずこればっかりは経験なのかなと思います。。

11月になると少しつかれた身体を心を癒やし、、、
というところがコンクールの後火がつき、音楽家よ、コンサートをしよう!と思いつき。
12月に向けて練習、優くんと初リサイタルを開催。
友達や、一般のお客様に迎えられ、(無事)終了。

12月はクリスマス休暇!!!
彼と家族と過ごし、たらふく食べて胃薬片手に過ごす。
楽しかったです。笑

1月、塙美里さんを迎えたパリセルマー社でのコンサート。
少ない合わせでしたが、できることは精一杯やり、私は「いけるっしょ!最後は気持ちっしょ!」っていってたらしいです。記憶にない。

美里さんのソプラノの音は絶品。CDもゲットし、毎日ラヴェルのソナチネ聴いてます。笑
Matthew Lawくんにピアノをお願いし、最後シンガーでもある彼に歌ってもらいました。w
全部もってかれたwww
今日本でテレビで歌ってる歌手より全然彼のほうが上手だと思う← 彼キテます。

そんなかんじで師走〜〜とか言ってた12月から気付いたらもう2月でした。

ヴァカンス前にサックスのクラスのコンサートがあり、Frederic Durieux氏のUbersichtⅡの一楽章を演奏しました。(鬼ムズ
’’間’’があんまりお好きでないドゥリユー氏、体力的に一楽章だけでもしんどいのに、1、2楽章を続けてやるのが本来いいと言ってて、うーん涙 一ヶ月以内にでできる曲じゃないしなと思いつつ、一楽章にとりかかったものの、一週間くらい途方に暮れました。できるのか?と。でも2週間目くらいから身体に入ってきて、3週間目に気管支炎になりました(決してこの曲のせいじゃないですw)
4週目くらいに追い込みをかけてむりやり仕上げに。。。しかしテナーにまだなれないせいかメトリックがまだまだです。。極めます。


その前の週にL'ensemble Regards というコンテンポラリーのアンサンブルのコンサートで安井寛絵さんのかわりに演奏させていただきました。そのほかに若手の作曲家の曲をいくつか演奏し大成功に収まりました。なんといってもこのアンサンブルみんな仲がいい。みんな励まし合ったり、褒めあったり、ポジティブなのです。サックスでマウスピースなしの曲Sikuriを書いたJuan arroyo氏や松宮圭太氏をはじめ、現代音楽作曲家のコンサートに出演できたことを嬉しく思います。


よければアルトサックスが入った曲、Florent Darras氏の曲聴いてみてください〜^^
素敵です。この録音は寛絵さんかな。。:)
https://soundcloud.com/florentcarondarras/soleil-mat-2014



ではまた!!!!疲

















2014/07/07

Mes plantes


すずらん 5月に買ったんですが、きちんと面倒みてたのに死にそうになってました。蓋を開ければびっくり、土の中をみると、、テープが根の部分にぐるぐる巻きにされてました。。赤十字のちゃんとしたやつ買ったのに。。。
今はすっかり元気です。。



Pot de rose 
小ぶりな薔薇かわいいと思ったんですが、このこは大ぶりに立派に咲きました!


奥のやつ名前なんだっけ。。なんとか丸。。二年前くらいから飼ってます。? 何週間も水あげなかった時期がありまして、それでも生きてる。強い。腰の部分がエロいんです。今はめっちゃ元気☻

前のmon petit bon homme :) 
可愛い小さな奴は、ゆかさんからのプレゼント。頭からなんか生えてます。

以上私のplantes 植物紹介でした。
どーでもいー!!